ボルネオ ダナンバレー2日目 Part1

前日の豪雨は夜中には止み、2日目は早朝から無事に活動開始した。

メインロッジで水補給をして、カメラの準備を済ますと早速クモカリドリが現れてくれた。
早朝でまだ暗い中であるが、赤い花の蜜を吸うクモカリドリと言ったイイ構図だ。
動きが早いのでブレが多い。頭頂の黒斑点や足が肉色なのが分かる。

Streaky_Breasted_Spiderhunter 和名はボルネオクモカリドリ?
Streaky_Breasted_Spiderhunter10.jpg


メインロッジの前庭にはヒメカッコウがちょこんと座っていた。
このヒメカッコウはここがお気に入りのようでほぼ毎朝ここに居た。

Plaintive Cuckoo ヒメカッコウ
Plaintive Cuckoo 20

メインロードに戻りガイドと一緒に歩きはじめる。
間もなく聞きなれない鳴き声が聞こえてくる。ガイドが教えてくれる、ズグロヤイロチョウの声だそうだ。
昨年は声すら聞こえなかった鳥だ。ガイドのコールバックで近くに寄って来たが、葉の影に隠れたブレ画像しか
撮れなかった(なので画像掲載は自粛)。
いきなり初見のヤイロチョウとの遭遇だったので、その後も興奮がおさまらないまま歩き続けた。

すると今度はブタゲモズの出現となった。これも初見、衝撃が続いた。
まさにボルネオの固有種の象徴的存在(自分はそう思っている)についに出会えたことに感激した。
ブタゲモズはかなり高い樹頂部、しかも霧で霞んでいるのであまりクリアには見えない。なので画像はかなりトリミングしてある。3羽の群れであった。

Bornean_Bristlehead ブタゲモズ
Bornean_Bristlehead10.jpg

Bornean_Bristlehead ブタゲモズ
Bornean_Bristlehead20.jpg

Bornean_Bristlehead ブタゲモズ
Bornean_Bristlehead30.jpg


さらにメインロードを進むと今度はボウシゲラが現れた。この鳥も初見、衝撃が続く。
世界最大のキツツキ、ダナンバレーでもなかなか見られない(そうだ)。
かなり高い場所に居るのだが大きい鳥なので撮り応えがある。懸命に餌さがしをしていた。
空抜けなので撮影には残念な条件だったが、長居をしてくれたのでじっくり観察できた。

Great_Slaty_Woodpecker ボウシゲラ
Great_Slaty_Woodpecker20.jpg

Great_Slaty_Woodpecker ボウシゲラ
Great_Slaty_Woodpecker10.jpg


衝撃の出会いが続き、いきなり大満足になって午前中の活動を終えてロッジに戻った。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR