スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアンズ ~シラオラケットカワセミ5

やはりとびっきり綺麗なシラオラケットカワセミ、

在庫画像がまだまだありました、、、



シラオラケットカワセミ Buff_breasted_Paradise_Kingfisherr
Tamanosuke -Buff_breasted_Paradise_Kingfisherr_60

Tamanosuke -Buff_breasted_Paradise_Kingfisherr_61

Tamanosuke -Buff_breasted_Paradise_Kingfisherr_62



捕まえた昆虫が弱った後で咥える向きを変えます、

そして弱く優しい声で鳴いて♀に知らせます。

さらに上の枝へ移動してプレゼントしてました。
Tamanosuke -Buff_breasted_Paradise_Kingfisherr_63

Tamanosuke -Buff_breasted_Paradise_Kingfisherr_64

スポンサーサイト

ケアンズ ~ オーストラリアズクヨタカ

眠そうな顔してるヨタカ、

午前中だけ見ることが出来ました。


Australian Owlet-Nightjar オーストラリアズクヨタカ
Tamanosuke -Australian_Owlet_Nightjar_10

ケアンズ ~ シラフミツスイ

ケアンズには沢山のミツスイが居ます、

今回のお気に入りはシラフミツスイ(マクレイズ)でした。

ほっぺの紅色っぽいのがイイです。


今回見ることの出来たミツスイは次の10種でした。(他にも居ましたがきちんと識別できませんでした、、、)

Helmeted Friarbird トサカハゲミツスイ
Noisy Friarbird ズグロハゲミツスイ
Blue-faced Honeyeater アオツラミツスイ
Yellow-spotted Honeyeater コキミミミツスイ
Graceful Honeyeater ハシボソキミミミツスイ
Yellow Honeyeater キイロミツスイ
Yellow-faced Honeyeater キホオコバシミツスイ
Brown-backed Honeyeater ウロコミツスイ
Macleay's Honeyeater シラフミツスイ
Brown Honeyeater サメイロミツスイ



Macleay's _Honeyeater  シラフミツスイ
Tamanosuke -Macleay's_Honeyeater_10

ケアンズ ~ シャイニング

デインツリーリバークルーズでの撮影から。


このシャイニングは♂です。

体全体が黒色ですが口の中は鮮やかなオレンジ色です。

囀っている時はそのコントラストが美しいです。

シャッタータイミングがうまく囀りとシンクロ出来ず、

全てのショットが口を閉じた状態になってしまいました、残念、、、


Shining_Flycatcher テリヒラハシ
Tamanosuke -Shining_Flycatcher_10

ケアンズ ~ ワープーアオバトそしてカソワリ!!

まだまだ昨年末のケアンズ物から、、、

デインツリーの熱帯雨林でワープーアオバトに出会うことが出来ました。

森の中は風が流れることも無くものすごく蒸し暑かったです。

汗だくになりながら800mmレンズと50Dを真上に向けて撮影しました。


フェリーでデインツリー川を渡った先にあるこの森ではシラオラケットカワセミを探していたのですが、

鳴き声ばかりで姿は見えませんでした。

でも車の中でシラオカワセミを待って粘っていたら、なんとヒクイドリが現われました。

だいだい25mくらい前方の木々の中をゆっくりと歩いていきました。

突然の出会いに衝撃を受け恐怖感と感激で一歩も動けませんでしたけど。

写真はピントあまあま、途中の木にピントをとられてしまったので直ぐにMFにしましたけど間に合わず、、、

威風堂々とした風格のある鳥でした。



今回のケアンズでは、最初の数日は1DmarkⅢでの撮影が主でしたがその後は50Dばかりでした。

軽い組み合わせの機材なので移動もかなり楽でした。

でも鳥が近すぎるとはみ出てしまいます、そういう時は1DmarkⅢに交換してました。

やはり1Dsや5Dが欲しくなりますね、高いから買わないけど。



Wompoo_Fruit_Dove ワープーアオバト
Tamanosuke -Wompoo_Fruit_Dove_10


画像の中央を左向きで歩いていくヒクイドリ、

首の青色が薄っすら見えてます。

Southern_Cassowary ヒクイドリ  28-300mmレンズと1DmarkⅢ
Tamanosuke -Southern_Cassowary_10

ケアンズ ~ キジバンケン

デインツリーの牧場近辺に居たキジバンケン、

道をのそのそと歩いている様はまるでイタチの様な動きでした。

大きな鳥なのでバサバサと音を立てて羽を動かしていました。

ワシタカのような風貌なので出くわした時はインパクト大です。


Pheasant_Coucal キジバンケン
Tamanosuke -Pheasant_Coucal_10

ケアンズ ~  モリショウビン

モリショウビンは案外警戒心が強いですね。

電線に留まっているものばかりでした。

この個体は巣への出入りが多い為か羽先端の痛みが多いです、

以前にワライカワセミが営巣していた樹のこぶがモリショウビンの巣に変わっていました。


Forest_Kingfishaer モリショウビン
Tamanosuke -Forest_Kingfishaer_10

ケアンズ ~ ノドグロヤイロチョウ

早朝、芝生の上を超低空で飛んでばかりのヤイロチョウ。

なかなか落ち着いてくれず、じっくり観察できないのですが、

この時だけは愛想よく相手をしてくれました。


Noisy_Pitta ノドグロヤイロチョウ
Tamanosuke -Noisy_Pitta_10

ケアンズ ~ オーストラリアオオノガン

寒さが厳しくなってきました、

ケアンズの蒸し暑さが懐かしくなります。


厳しい日差しを避けるように低木の陰にオオノガンの親子が隠れていました。

車道の脇に居る所に突然出くわした感じでした。

大きな目でこちらを見ていましたが、急いで逃げることも無く、ゆっくりと歩いていきました。



Australian_Bustard オーストラリアオオノガン
Tamanosuke -Australian_Bustard_10

Tamanosuke -Australian_Bustard_11

Tamanosuke -Australian_Bustard_12

ケアンズ ~ ガマグチヨタカ2

ケアンズのガマグチヨタカ、

親鳥はヒナの居る所の真上に居ました。

強烈なインパクトを与えてくる表情、早朝の静寂の中、一瞬の熱視線でした。


前日は夕方から豪雨、夜中からはさらに雨は激しくなり経験したことの無いほどの雨量でした。

1日で300mmの降雨量もめずらしくないらしいです!

ヒナはそんな豪雨をなんとかやり過ごすことが出来ていました。



Papuan_Frogmouth パプアガマグチヨタカ
Tamanosuke -Papuan_Frogmouth_20

Tamanosuke -Papuan_Frogmouth_21


案外悪顔の表情を見せるヒナ、、、
Tamanosuke -Papuan_Frogmouth_22

Tamanosuke -Papuan_Frogmouth_23

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。